その他雑々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 本日の雑感 1/12【松浦ひろみさんのAV堕ちを考える その2】

<<   作成日時 : 2009/01/14 01:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

松浦ひろみさんにAV堕ちの件について、また考えて見ました。


(※このBlogはアダルトBlogではありません、1人のSSWのAV堕ちについて考えるものです)
 松浦ひろみさんのAV堕ちの事件を知り、それについていろいろ見て、いろいろ感じました。

 ひとえに、AV堕ちは残念で仕方ないです。

 まあ、チ×コをなめたり、突っ込まれたり、せいしをぶっかけられてアンアン言ってる様な奴が、愛だの恋だの勇気だの未来だのを語っても、説得力が無いと言えば・・・そうなんですがね。


 「舞」がヌードVisualで、愛だの勇気だの、希望だのを歌っているのが、おかしくてしかたなかった。「お前、その格好で何言っても説得力無いよ」そう思った。まさに、それと同じですね。
 

 AV出演といっても、甘いものじゃないんですね。サンプル画像を見れば、紛れも無い本格的なAVそのものですね。しょっぱなからそんなハードにやらなくても良いんじゃない?と思えるくらい・・・まさか、本当に挿入されるとはね・・・何故か、すごく悲しい気持ちになってきますね。
 

 しかし、AVをCDのPromotionのためとは言ってますが、Promotionにならないと思います。

 AVで音楽を売るという方法には感心できません。本人の意思云々は置くとしても、この行為が音楽への冒涜であるということにはかわりませんし、その罪を犯したという実績も永遠に消すことはできません。


 しかし、どうしてもこの手のAvって、萎えるんですよね。松浦さんのVisualがそうなのですが・・・misonoさんに似てて萎えます。いや、星村麻衣さんにも似てる。
 前に、蒼井そらさんのを見たとき、misonoさんに見えてすごく萎えました。松浦ひろみさんは、misonoさんに似てますからねぇ・・・



 松浦さんの公式Blogではいまだに、AVについて言及するつもりもない。なんか白々しいですよね。
 ファンも知らない訳が無いのに、知らないフリをしている。なんか互いに仮面を被ってよそよそしい雰囲気。
 周知の事実なのに、ないかのように装う。かなりムリがある不思議な雰囲気ですね。


 スコラに掲載されたりDVDが発売されたのにBlogでスルーした富田りなさん。
 公式Blogでは、副業のモデル仕事につてほとんど言及してないRuppinaの舞さん。

 3人に共通してるのは、卑屈な気持ちがあるから。その仕事が堂々と言えるものじゃないって、示しているんだよね。じゃあ、なんでそんな仕事を引き受けたの?って話になりますわ。
 まあ、結局はBlogの上だけでも、キレイな自分を装いたいんでしょうね。一部のファンはそれにあわせるけど、それをみると、なんか白々しくなりますね。


 しかし、芸スポの3スレ目までいくとは、マイナー歌手にとっては、栄誉なことかもしれません。「舞」なんて1,000いかないで落ちたような・・・「誰?」ばかりだったしなあ。
 しかし、今回の松浦さんの件にはみんな何らかの興味を示し、考えているのでしょう。
 普通に音楽活動をしているSSWが、AVに堕ちるという事件に対して、不条理を感じているのだろう。


 松浦さんの曲を聴けば聴くほど、なぜAV堕ちしなければならなかったのか?わからなくなる。
 iTMSJやようつべで試聴してみても、なかなか良い曲を書く人だと思います。曲がタイプでなければ、ここまで気にならなかったかもしれません。しかし、私的には松浦さんの楽曲はツボでした。それだけに、AV堕ちが余計に悲しく思えてきます。


 Blogで「武道館に行きたい!」といってましたが、それはムリというものです。もう歌手業としては致命的なことをしてしまったわけです。いまから浮上するのは容易ではないでしょう。
 しかし、それだけ歌に想いいれがある人が、なんでこんなことに・・・と思うと、悲しさを悔しさを感じます。

 「HAPPY LIFE」で幸せな家庭の若奥様を演じていたのですが、それを見て泣けてきました。もうこの人にはHAPPY LIFEは来ないんだろうなと思うと・・・


 普通に1人の女性SSWとして応援したい気持ち。AV堕ちの闇を知りたい好奇心、AV堕ちした不貞さを嘲う心理・・・いろんな気持ちが同時に交錯してます。


 このAV堕ちの件がきっかけで、松浦さんを知りました。しかし、こんな事件なしに、普通に1人のシンガーソングライターとして知り、ファンになりたかったです。楽曲も声も私的にはツボでしたが、AV堕ちするような人は、どうしても蔑みで見ずにいれません。


 チ×ポしゃぶってアンアン言ってる淫乱女と真面目に歌い伝えようとしている歌手が、同じ人間とはおもいたくないです。別に裏で何しようが知ったことではない。勝手にSEXしてようがそれは構わない。


 しかし、万人が見れるAVに出演するのは話が違う。自分のSEXを世界中にばらまき、永遠に消えない業と傷を残していく。嫌がれ成城の何物でもない。


 興味本位で松浦さんのことを知り、ファンになりかけている自分がいるのです。AV堕ちはもう引き返せないことだけど、歌手として大成して欲しいとねがってやまないです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『秘密の催眠療法』はAmazonよりハンディコミックが便利!
REDLIGHTの『秘密の催眠療法-猥褻セラピストの手によって解放される牝の性…』を読むなら、Amazonよりハンディコミックが安くて便利です ...続きを見る
秘密の催眠療法【無料試し読み】と読んだ感...
2018/03/11 17:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
本日の雑感 1/12【松浦ひろみさんのAV堕ちを考える その2】 その他雑々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる