その他雑々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Ruppina BEST 発売から4年目

<<   作成日時 : 2009/11/17 23:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

RuppinaのBEST Albumがリリースされて、4年が経ちました。


 いまから4年前、2005年11月16日、RuppinaのBEST Album「Ruppina BEST」がリリースされました。

 エイベックス所属時代のRuppinaの作品をまとめた集大成的なものです。


 さて、このBEST Albumがどういう経緯でリリースされたか、ちょっとした流れをまず説明してみましょう。

2004/8 Ruppinaの Full Album「in the name of love」がリリースされる
2004/10 Ruppina最後のLIVE開催

↓以降、活動休止状態 (裏で「舞」始動の準備中)

2005/7 「舞」Projectの噂が出る(「舞」としてのCDリリース情報が出る)
2005/9 非公式で「舞」としてLIVE出演したことがNewsになる
2005/10/25 「舞」公式発足&Ruppina卒業発表
2005/11/16 Ruppina BEST発売
2005/12/28 「舞」 Debut Single「Reborn」発売
2005/12/31 Ruppina公式Site削除

 まあ、こんな感じて、実際は明確なRuppinaの終了及び「舞」のデビュー日は確定されてません。つまり、Ruppinaと「舞」が並存していた時期がある訳ですね。


 「舞」の情報が公式に出たのは、2005/10/25ですが、Ruppinaのサイトが削除されたのは、2005年大晦日です。

 このRuppina BESTは、Ruppinaとしての活動を終了して、「舞」へと移行することを示すための作品であるのです。内容も、Ruppinaの音源や映像を集めただけでなく、Interview映像など「舞」移行への橋渡しとも言えるものも含まれていました。

 下に、Amazon Linkを貼ったので、収録内容を見ていただくとわかるのですが、とても盛りだくさんの内容と成っております。これで定価2,500円ですからね。叩き売りかと思ったくらいです。


Ruppina BEST (DVD付)
rhythm zone
2005-11-16
Ruppina

ユーザレビュー:
集大成私も今までは「 ...
いくらなんでも…私は ...

Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 しかし、このRuppina BEST、ジャケットに大きな間違いがあるのです。
 2枚目の画像が、Ruppinaの1st Mini Album「Ruppina」の画像ですが、ロゴの違いを見てください。


Ruppina (CCCD)
エイベックス・トラックス
2003-01-16
Ruppina


Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



 わかりましたか?
 Ruppina BESTのロゴは、右に傾斜しておらず、「i」の上に点がありません。傾斜は差し引くとして、iの点がないし、l(エル)には短すぎます。こんな文字英語にありません。

 まあ、これが単なる誤植なのか、それとも明確な意図を持って変更された字体なのかはわかりません。
 しかし、アーティスト表記は「Ruppina」と「i」に点がついてるんですよね。

 まあ、「i」(アイ)が無いという洒落のつもりなんでしょうかね?


 まあ、他にもいろいろ突っ込みどころは満載な内容なんですけどね。
 現在でも、CD ShopでRuppinaの作品で、このCDだけおいてあるところとかあったりします。まだ廃盤にはなってないのかな?Ruppinaを始めて知るファンには盛りだくさんで満足できるでしょうけど、既存のファンにつってはLIVEやInterview映像以外は既出なのでした。



 そして、Ruppinaが@社からデビューしていた当時は、悪しきCCCDで発売されていました。このRuppina BESTだけが、唯一のCCCDでない音源作品になるのです。


 DVDには、RuppinaのPVドラマ「in the name of love」が収録されています。このPVドラマは、楽曲「in the name of love」の世界観をドラマ化したものなのですが、そこに出演していたのが高杉さとみ(現:高杉さと美)さんでした。


 当時は、このカワイイ子は誰だろう?と思っていました。どうやら、レースクイーンをしてるという位しか知りませんでした。まあ、確かにカワイんですけど、めちゃ大根なんですよね・・・・

 まさかね、高杉さんが歌手としてデビューして、自分がそのファンになろうなんて、その当時はわかりませんでしたね。ファンになってから、このPVドラマを見ると、楽曲や舞さんより、高杉さんメインで見てしまいます。
 いまや完全に逆転して、高杉さんの方がメインになってしまいました。


 確かに、RuppinaのPVドラマに出演していなかったら、高杉さんの存在を知らなかっただろうし、ファンにもなっていないだろうと思います。


 まあ、話が長くなってしまいましたけど、このBESTAlbumが発売されてから、4年経った訳ですよ。

 PVドラマに出演していた高杉さんは、2007年6月にソロ歌手としてDebutしました。
 Debut時には猛PUSHされていましたが、いまでは勢いは落ちましたね。
 しかし、我がBlogの「高杉さと美」カテゴリをご覧の通り、この2年ちょいで、高杉さんはいろんなことをしてきましたし、素晴らしい楽曲の数々をつむいで来ました。


 一方の、舞さんは、ヌード歌手「舞」として活動を開始しましたが、そんなことが成功するハズなんてなく、2006年10月には活動終了、その後長らく音沙汰不明でした。

 そして、2007年11月末に、Ruppinaは安田氏と共に、Indiesで再始動しました。最初は積極的だったんですけど、だんだんしょぼくなってきました。結局、Indiesであることを悪いことに、「舞ペース」と称して、消極的活動に終始しているのです。
 Indies Artistなのに、必死さがなく、覇気もなく、LIVEやレコーディングをたまにやる程度です。そして、舞さんはパチドルとして活動するようになり、ますます音楽には非積極的になっています。


 高杉さんの辿ってきた濃密で忙しい4年間、舞さんの辿った迷走と消極の4年間。どちらもそれぞれの生き方でですけどね。


 まあ、そんなRuppina+が、今年の11/21に札幌でLIVEをするのですけど、リハをいまだにしないしね。やる気はないみたいです。

 Ruppina BESTが発売された日、舞さんはそのことに触れませんでした。
 その記念すべき日に更新されたのはこんな記事でした。
>北海道に行ってプライベート充実させたいから、それまで働かなきゃね♪
ですって。呆れてしまいます。

 「数日後に迫ったLIVEのために頑張ります!」くらい書くと思いましたがね。

 LIVE5日前にこんなこと書くなんて、どうかしていますよね。LIVEより、自分が遊ぶことの方が先に来ちゃっているんですね。
 結局、この4年間でわかってきたことは、こういうことなんですよね。Ruppina+とは何か?この4年間が何だったのかは、この事件1つで語れますよね。


 結局、舞さんの意識は変わって無いんですよね。Ruppinaも「舞」も結局はこういうものだったんですね。
 音楽を突き詰めるよりも、いいものを作ろう、いいものを見せたい・・・・・・それよる上に、自分が遊ぶことがきちゃうんでしょうね。

 
 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Ruppina BEST 発売から4年目 その他雑々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる