その他雑々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログネタ:「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?

<<   作成日時 : 2010/10/29 02:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

たまには、コネタマに参加してみます。今回は『「雨」と聞いて思い浮かぶ曲はどんな曲?」というテーマです。


 ブログテーマ(コネタマ)には、我がBlogとはあまり関係ないので、いつも無視していたんです。今日はネタが無いのと、おもしろそうなテーマなので、参加してみました。

 「雨」と聞いて、思い浮かぶ曲?・・・なんでしょうかね?
 今日は雨が降ったので、この曲を想っていました。


 雨と言って、思い浮かべるのは、私にとってはこの曲ですね。

○高杉さと美:「雨音」


 「雨音」は、高杉さと美さんの2nd Album「Prism」(2009年3月25日発売)の、11曲目に収録されている楽曲です。

 「Prism」は、奇妙なAlbumでした。

関連記事:『高杉さと美さん、3/25に2nd Album 「Prism」リリースへ』
 【2009年1月17日付記事】


 高杉さんが、Albumをリリースするという情報は、音楽情報Siteでは以前から流れていましたが、公式では告知がありませんでした。突如、Album発売告知を飛ばして、いきなり延期の告知が出たのです。

 その後も、公式で情報が出るのが遅かったりしましたが、なんと発売日になっても公式がRenewalされないという奇妙な事態となりました。MAX社長のブログでは、紹介してましたが、肝心の公式が動いてなかったんですね。

 Media出演もラジオにいくつか出ただけ、リリースイベントもぎりぎりに告知して、ガラガラだったようです。
 明らかな宣伝不足で、公式のやる気も無かったんですが、それが祟ってか?ランクは85位、2040枚しか売れなかったようで、大惨敗だったのです。

 「Prism」は、14曲入りですが、既発曲(Remix含む)が7曲、インスト2曲。カバー1曲。
 Album用の新曲が、「しあわせドラマ」、「X day」、「雨音」の3曲だけでした。



 Album曲と言うことで、高杉さと美さんの楽曲中では、さほど有名ではないと思います。地味な曲ではありますが、私は好きな曲です。

 「雨音」は、Album「Prism」の11曲目に入っています。12曲目はインスト曲で、13曲目がボーナストラック(「旅人 」〜Travel Light Mix〜)ですので、この「雨音」が〆の曲だと言えるでしょう。

 「雨音」は、作詞・作曲共に高杉さと美さんによるものです。編曲は湯浅篤氏のようです。確か、「Prism」の中で唯一高杉さんが作曲もしている曲です。


 サウンドは、ピアノをメインにしたシンプルな楽曲です。ピアノの音色と打ち込みのトラックを軸として、それにストリングスなどを入れた感じですかね。
 このシンプルさが、歌詞の情景をひきたてているんですよね。


 雨をテーマにした曲はいろいろありますけど、ずばり「雨」に対して、どんなイメージを抱いているかだと思います。つまり、「雨」をどういう意味で使いたいか?ですね。

 この曲では「雨」は切ないもの、そう、昔を思い出させるものとして見えます。

Uta-net歌詞 高杉さと美:「雨音」

 歌詞を見ると、どうやら失恋の曲のようですね。

 雨を見て、恋人と愛し合っていた頃を思い出して、感傷に浸っている、そんな感じでしょうか?
 歌詞のところどころに、楽しかった頃の思い出がちりばめられているのが、なお切なくさせますよね。

 そして、歌詞の最後に「君を探している」とあります。まだ、恋人への未練を断ち切れないんでしょうね。

 その少し前に、「伝えたいのは、ありがとう ごめんねじゃなく〜」とあります。出会えたことに感謝する気持ちでしょうね。まあ、結局のところ、後悔や未練だけで、救いようの無い曲とも言えますが・・・それが、雨を例えにした、「やるせなさ」なのかもしれませんね。

 雨は大地を潤す恵みの象徴ではありjますが。雨が降れば、内心あまり振ってほしくないなと思ってしまうもの。私は、雨はどこかやるせないものというイメージを持ってしまいます。その「やるせなさ」が、この「雨音」という曲とマッチしてますよね。

 だから、雨と聞いてこの「雨音」を聴いてみたくなるのです。


 「Prism」の中では、この「雨音」の歌い方が特徴的なのです。
 それはいままでの高杉さんの歌い方、声とちょっと違うところです。

 Debut時から、「Prism」までは、高杉さんといえば、透き通るようなキレイな声が印象的でした。そんな高杉さんの歌声がとても好きだったんですけどね。

 この「雨音」では、歌声が粗いのです。粗いというか、気だるそうな歌声なんですよね。

 
 この歌声の変化が何故なのかはわかりません。私の気のせいならいいんですけどね。歌い方をかえたか?以前のような声が出なくなったのか?高音が出しにくくなったのか?何故かはわかりませんけどね。


 最近では、こっちの粗い声の方が強くなって、澄んだクリアな声の方が薄くなっている気はします。極端に言えば、歌声が汚くなっているのではと思います。

 この粗い歌声は、「雨音」以降リリースした楽曲では、次第に強くなっていきます。「Prism」の後にリリースされた「行方」はもっと粗くなっています。


 New Album「MASCARA」では、以前のようなクリアな歌声の方が減ってきている気がします。オマスガさんやS'capadeさんとのコラボ曲では、まだ以前のようなクリアな歌声が強いのですが、自身のAlbumではそれがあまり出ていません。それがちょっと残念なところですけどね。

 

Prism (DVD付)
エイベックス・エンタテインメント
2009-03-25
高杉さと美


Amazonアソシエイト by Prism (DVD付) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




 最近は、映画ブログのせいで、高杉さんを良く書くことはできなくなっていますが・・・
 本当はね、映画なんぞよりも、もっと音楽に執心して欲しいだけなんですね。高杉さんには、歌手業以外では、まったく期待していませんから。



ブログネタ:「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログネタ:「雨」と聞いて思い浮かぶのはどんな曲? その他雑々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる