その他雑々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年のまとめ 【高杉さと美編】

<<   作成日時 : 2011/12/31 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2011年の出来事について書いてみようと思います。この記事では、今年度の高杉さと美さんのことについて書いてみようと思います。


 2011年の高杉さと美さんは・・・・・・もうね、有り得ない!何も動いてないに等しいくらい怠けすぎた、本当に最低で最悪な1年でした。
 
我がBlogの「高杉さと美」カテゴリーは、全体で588記事を書いてます。それこそ、デビュー前から高杉さと美さんのことを追い続けてきました。何か情報があれば、それらをほとんど書いてきた自身はあります。

今年の高杉さと美カテゴリーで書いた記事は、この記事をあわせると、18記事です。そのうち、情報記事は半分の9記事。その中で、公式を少しいじったのを除けば、3〜4記事だけ。

いかに、高杉さんが何もしなかったかを物語ってますね。

 高杉さと美さんをずっと追い続けてきた我がBlogとしては、何を差し置いても高杉さんのことは記録していきたいと思ってます。
 でも、今年は本当に書くことすらなかったのです。


さて、今年の高杉さんの動きを列挙してみますかね。指で数えられるほどしかありませんが。


2月12日 下北沢ラ・カーニャでワンマンLIVE 『高杉さと美 Premium Live〜My Favorite Songs〜Vol.1〜』を開催
4月2日 下北沢ラ・カーニャでワンマンLIVE 『高杉さと美 Premium Live〜My Favorite Songs〜Vol.2〜』を開催

5月5日 FM横浜「Kids meets Jazz Sp」@クイーンズスクエア でフリーLIVE
5月7日 「mama fes 2011」@ビッグサイト でトークゲスト(歌唱なし)

7月11日 高杉さと美誕生日、公式テンプレ写真だけ差し替え

8月17日 「テミフェス2011」@マザー牧場でミニライブ 【Link】

8月24日 高杉ブログより、コメント欄が削除される

一応、これだけですかね。他に、公式のPhoto Galleryが更新されたことが何回かあったくらいです。


1月と4月にワンマンLIVEが行われました。しかし、これが酷いものでした。
LIVEタイトルが、『高杉さと美 Premium Live〜My Favorite Songs』と言います。しかし、コンセプト説明では、バックバンドの実力のある方を揃え、最高のLIVEをするとしかありませんでした。


 実は、高杉さんが好きな曲をカバーするという、カラオケライブみたいなものでした。高杉さんがはまっている映画の主題歌、それも洋楽が多かったのです。


 主催者側も考えて欲しかった所ですけどね。1〜2曲でも、高杉さんが自分の曲を歌えば、そこまで酷評は出なかったハズです。本当に、自分曲をまるで1曲も歌わず、すべてカバーだったから、顰蹙ものになったのです。


 基本的に、高杉さんがあまりLIVEをしません。音源リリースも無いから販促もないし、対バンやワンマンも普段からLIVEをしません。

 だから、ファンは、高杉さんが高杉さんの歌を歌うことを期待しているハズです。
 数多くLIVEをしているなら、趣向を変えてカバーも良いですけど、たまにしかやらないLIVEがカバーだったら、がっくりということでしょう。


 おまけに、第2回は、4月2日の開催で、震災からまもなく。LIVE活動自体が自粛傾向だった頃です。節電を強調するか、チャリティでの開催が多かった頃です。

 震災直後で、自己満のカラオケライブというのは、少し考えて欲しかったですね。

 しかし、それ以降、有料のLIVEは行ってません。


5月5日と、8月17日のイベントは、「テミルプロジェクト」という慈善事業と関連して、それに便乗した形です。

テミルプロジェクトとは、知的障害(碍)者の就業支援を行うものです。

高杉さんとこのプロジェクトの場合は、パティシエ(お菓子職人)の辻口氏との出会いからになります。
辻口氏の参加する、SUPER SWEETSが、このプロジェクトに参加していたからです。

具体的には、辻口氏などがお菓子の案を作り、それを障害(碍)者の方が、厨房でつくって、販売するという形です。


もちろん、慈善事業やボランティア活動は、悪いとは言いませんし、とても良い事だと思います。
高杉さんも、プロジェクトの方針に共感して、その為に動くことは、偉いと思います。


但し、高杉さんの場合は本業である歌手業をほとんどしないで、それをやっているから宜しくないのです。
高杉さんが、普通の活動をしつつ、且つプロジェクトと組めたら、もっと効率的なのでは?と思えてなりません。
今後は、歌手業とのリンクを期待したい所ですが。


今年の高杉さんは、まさに「ニート的」だと言えます。
もう呆れ果てて起こる勇気すら出てきません。泣く気にすらなれません。

数えるほどしか実績が無いというのは悲しいです。


本当に、こんなに何もしない有様で、よくエイベックスとプラチナムに籍を置けるのが不思議でなりません。
Debut時に、大きな期待を掛けた、@社の松浦社長も、もう高杉さんに関しては何にも言いません。

普通だったら、とっくに追い出されておかしくないのに、なぜか居るらしい。そんな不思議過ぎる状況でした。
シビアなSonyさんだったら、とっくに追放されていたでしょう。


散々酷いことを書き連ねてますけどね。高杉さんの声はだけは、好きなんです。

もうね、とにかく歌ってくれ!歌ってくれればそれで良いと思います。


 @社だと、moumoonのYUKAさんの方が、性格良いし頭も良いしかわいいし美人だし、言うことなしで最強な方なんですけどね。


でも、怠け者で適当でマヌケ尊大な、高杉さんの方が声質がタイプですから、仕方ありません。

 
 とはいえ、すでにDebut時程の透明感のある声は、少し変わってしまったと思います。そんな声でもタイプだから仕方ありません。

 松浦社長が、Debut時の高杉さんを、とにかく「ヤバイです」としか評してませんでした。いまだのその意味はわかりません。でも、私にはそのヤバイという意味が少しわかる気がします。

 これだけ適当でも、その声だけは愛さずに居られないのですから。


映画ブログだけは毎週1回更新されているようですけどね、公式であるはずの、高杉ブログはあまり動いてません。

高杉さんの今年の仕事は、映画ブログの筆記だったと言えます。ただ好きな映画を見て感想を書くだけ。コメントはほとんどつかない寂しいものです。需要があるとは思いません。

高杉ブログは、たまにしか更新されなくなりました。コメント表示が7月で止り、直ることもなく8月にコメント欄がなくなりました。炎上するわけでもなく、不自然な動きでした。

映画ブログで近況を書くわけでもなく、高杉さんの動きは尚更わからなくなりました。

ごく最近、12月21日に更新されたブログを見ると、来年に向けて制作を進めていると、一言ありました。

その一言、どこまで信用して良いのかわかりませんが。それにすがる思いです。


2012年は、とにかく歌ってくれ、LIVEしてくれ、働いてくれ、そういう切なる思いです。

大きいことは期待しませんが、とにかく歌ってくれ!そこです。
そして、どんな状態であれ、それを作品としてきちんと提供して欲しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年のまとめ 【高杉さと美編】 その他雑々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる